導入事例 – テモナ様

「ジョブカン経費精算の導入により、経理業務の工数が約1/5に削減されました。」

経営管理グループ マネージャー 梅原翔吾さん

ジョブカン経費精算を導入する前は、どのように申請を管理されていましたか?

梅原他社のシステムを利用していました。

他社のシステムをすでに利用していたとのことですが、どのような課題を持っていたのでしょうか?

梅原会社が成長していく中で社内の組織や規定が変わることがよくありましたが、その変化をシステムにスピーディに適用できなかったことに課題を感じていました。
以前使っていたシステムでは、申請書フォームの作成や更新にプログラミングが必要だったため、作業できる人が開発メンバーに限られていました。そのため、申請書フォームのちょっとした更新にも、いちいち管理者側から開発メンバーに伝える必要があり、開発内容の確認・再修正など、やりとりも多く発生していたため、反映までに時間がかかっていました。

既に運用しているシステムからの切り替えは大変だったと思いますが、切り替えを断行した背景はどのようなものだったのでしょうか?

梅原会社名の由来でもあり強い文化としてあるのが、「ものごとを効率的に、簡単にしたい」という思いです。
既存のシステムから切り替えるのは確かに骨の折れる作業ではありますが、たとえ切り替え作業に時間がかかったとしても、その改善により後々楽になるのであれば、それは必ずやるべきだと考えていました。
上場し、今後さらに従業員を増やしていく予定ですが、以前使っていたシステムでは、人が増えれば増えるほど非効率になっていくと感じていたため、できる限り早く切り替えたいと考えていました。

「改善スピードが非常に早く、サービスとしての将来性に期待を持てました。」

経費精算システムの検討ポイントはどこでしたか?

梅原大前提としてあったのは「誰でも簡単にシステムの管理や運用を行えること」です。以前使っていたシステムのように、情報の更新にプログラミングが必要で、作業が属人化される状態は避けたいと考えていました。
それに加え、「サービスの使い勝手の良さ」と「コスト」を重要視していました。

その中でジョブカン経費精算を選んだ決め手はどこだったんでしょうか。

梅原ジョブカン経費精算は、上記の検討ポイントを全て満たしていたのに加え、改善スピードが非常に早く、サービスとしての将来性に期待を持てたことが大きかったですね。
サポートも非常に丁寧で、「お客様のためにより良いサービスを作っていこう」という姿勢も強く感じました。

また、経費精算だけでなく、ワークフローと勤怠管理も導入をセットで考えていましたので、「ジョブカン」シリーズでそれら全てを提供していたのもプラスに働きました。

ジョブカン経費精算で便利だなと思う機能はありますか?

梅原「承認取り消し」機能が便利ですね。承認ボタンを押したあとに「やっぱり戻したい!」と思うことが時々あるんです。ジョブカン経費精算は、このように細かいところまで、ユーザを考えて設計されている印象があります。

チャットワークへの通知連携もとても便利だと思います。メール文化があまり強くない、開発チームで特に重宝しています。

管理者目線では、承認経路の分岐機能が便利ですね。申請時の入力項目や申請者の所属によって、承認経路を分岐できるので、かなり柔軟に設定できます。あとは、申請時に過去の申請書を紐付けられる点や、申請書項目の必須設定を簡単にできるのもありがたいですね。

「使いやすさ、機能性、サポート体制など、色々な面で、ジョブカン経費精算が一番だと思いました。」

ジョブカン経費精算導入後の効果はいかがですか?

梅原経理業務の工数が約1/5に削減されました。以前は仕訳を作る際、申請情報を目視で確認して、電卓を打ち、エクセルに一つ一つ入れていました。それが今では数クリックで出せるようになったため、元々1営業日かかっていた経理業務が、今では1、2時間で終わるようになりました。

また、UIが格段に良くなったことで、申請ミスが減りました。以前は、人によって書く内容が違ったり、書いてほしい内容が書かれなかったりすることがありましたが、ジョブカン経費精算に変えてから、どの項目に何を書けばいいかがわかりやすくなり、従業員が迷わず申請できるようになりました。
承認者にとっても申請情報が見やすくなり、確認にかかるストレスが大分なくなりましたね。

さらに、申請情報をデータですぐに集計できるので、これまで分析できなかったことが分析できるようになり、申請情報を基に社内改善を効率的にできるようになったのも大きいですね。

サポート体制はいかがですか?

梅原とても良いと思います。サポートの方は、こちらの要望をとても真摯に聞いてくれ、要望していた機能が実装されると「この機能実装されました!」と丁寧に連絡までしてくれています。
導入時も、運用開始日は決まっているにもかかわらず、忙しくて設定を進められていなかった時に、「直接会ってレクチャーしてください」とダメ元で頼んだら、快諾してくれて嬉しかったですね。おかげで、不明点もなく設定を進められ、無事に運用開始することができました。

最後に、検討中の企業の方にメッセージをお願いします。

梅原導入検討時に色々なシステムを見ましたが、画面の見やすさ、使いやすさ、機能性、サポート体制など、色々な面で、ジョブカン経費精算が一番だと思いました。
システム導入にあたり不安に思う方も多いと思いますが、わからないところがあったら二人三脚でサポートしてくれるので、導入ハードルは低いと思います。ぜひ皆さんも一度試してほしいと思います。

テモナ株式会社
テモナ株式会社
所在地
東京都渋谷区渋谷2-12-19 東建インターナショナルビル本館9F
設立
2008年10月1日
上場市場
東京証券取引所マザーズ
事業内容
ビジネスと暮らしを“てもなく“することを理念に、ネットショップのリピーターを育て増やしていくことをコンセプトにした、ショッピングカート付リピート通販専用WEBサービスの提供
ウェブサイトURL
https://temona.co.jp/